オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

勾配屋根とは【急勾配編】


本日は勾配屋根(こうばいやね)についてです。

勾配屋根とは、傾斜のある屋根のことを言います。住宅街でもよく見かける切妻屋根や片流れ屋根など角度のある屋根のことを示します。

IMG_6675-1-columns1

このような屋根です。

屋根の傾きの角度の度合いのことを屋根勾配と言いますが、屋根材の種類と形状、お住まいの地域の気候を考慮して決めます。

勾配の表示方法は「寸」単位で日本屋根は表示します

計測の仕方は、水平の寸法を10寸にし傾斜の寸法がいくつあるか表現します。

屋根の勾配によっても名前が違います。

急勾配(きゅうこうばい)他と比べると角度があるので雨水が屋根に溜まりにくく、雨漏りをしにくい。しかし、屋根面積が大きくなるので、コスト費用は掛かる。6寸勾配以上の屋根。
並勾配(なみこうばい)良く見かける一般的な屋根で、多くの屋根材が使用可能。3寸~5寸程度の勾配の屋根。
緩勾配(かんこうばい)傾斜が緩やかな屋根で、雨水が溜まりやすく雨漏れがしやすい。3寸未満の勾配の屋根。


それぞれの勾配によってメリット・デメリットがございます。
茅葺屋根合掌づくり

急勾配屋根 メリット

・水はけが良く、雨漏れする可能性が低い
・汚れが流れやすい
・屋根裏スペースを物置場所として活用できる
・雪が積もりにくい

急勾配屋根 デメリット

・風の影響を受けやすい
・急勾配では使用できない屋根材がある
・屋根面積が広くなり、メンテナンスの時足場を組まなければならないためコスト費用が掛かる
・屋根高が高くなるので北側の日当たりが悪くなる



新潟県の積雪地帯では急勾配屋根だと、屋根から落ちた雪で1階が埋まらないように基礎を高くするなど、屋根に滑り落ちやすい材質を選ぶ対策も合わせることが必要だと思います。



それでは次回は並勾配・緩勾配についてご説明致します。


屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151