オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下葺き材とはどのようなものか?アスファルト???


ルーフィングシート
屋根の下葺き材とはどんなものか知っていますか?
下葺き材は『ルーフィングシート』とも呼ばれています。

ルーフィングシートはアスファルトが主原料になっています。

下葺き材は、雨から守る屋根の下地のようなもので、屋根以上に大切なものと言われています。

ルーフィングシートの種類はさまざまありますが、どの機能を重要視しているかによって選び方も変わってきます。

どれに特化しているルーフィングシートなのか業者に確認した方が宜しいかと思います。

ルーフィングシートの役割は、屋根に雨水が溜まらないように水を外に流すといったとても重要な役目になっています。

表から見て、目には見えない部分にありますが、屋根材以上に大事な役割とも言われています。
ルーフィングシート

ルーフィングシートの種類は大きく分けて3種類あります。

・アスファルトシングル
・アスファルトルーフィング
・改質アスファルトルーフィング

後日ルーフィングシートの3種類を1つずつメリット・デメリットなど付け加えながら詳しくご説明させて頂きます。
屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151