オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

コーキング材とシーリング材の違いはなに? 


コーキング材』と『シーリング材』を聞いたことはありますか?

シーリング材・コーキング材は気密性や防水性を保つために、外壁材と外壁材の隙間や窓のサッシ周りなど、家のあらゆる隙間を埋める役割をしています。どちらとも同じ役目をしています。

シーリング材は、埋めて防水をするという意味です。

コーキング材は、隙間などを埋めるといった意味があります。

ひび割れを防いだり、雨漏れの応急処置としても使用されることがあります。



板金屋根 シーリング
こちらの写真は、屋根にコーキング材を塗って補修している様子です。
写真で見て頂くと分かる通り、このように施工していきます。

違いは?

シーリング材と同様に隙間を埋める材料としてコーキング材とも呼ばれるものがあります。

しかし、シーリング材とコーキング材は大きな違いはありません。呼び方が違うだけでどちらも同じものとして使用されています。

違いがあると言えば、シーリング材は表面や中が硬くなるのが特徴ですが、コーキング材は乾燥しにくく硬くならないのが2つの材料の違いです。


シーリング材
シーリング材はこのようなモノで、専用ガンにセットして使用します。
屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151