オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ケラバの役割ってなに? 


ケラバ
ケラバの役割は何かについて考えたことありますか?

ケラバとは、屋根の一部で雨樋が無い方の屋根の端がケラバと言います。

ケラバには3つの役割があります。

日当たりの調整をする

季節によってケラバは日当たりを調節してくれる役割です。

夏は、ケラバがないと直射日光が当たるので室内が暑くなります。また、冬場は太陽の角度が低いため日当たりが悪くなることはありません。


雨漏りの防止をする

ケラバがあることによって、外壁部分から屋根が出っ張って出るので外壁に雨、直射日光や紫外線を受けにくいです。
よって劣化を防ぐことが出来ます。


外壁の劣化防止をする

ケラバは外壁よりも出ていて前に出ているので、雨が降った時は雨水を窓や外壁に当たらないように防ぐ役割をします。

ケラバ
軒天記事の時にも書きましたが、最近は軒の出がない家が増えてきています。

軒の出がないことによってオシャレなデザインになるかもしれませんが、外壁が汚れる可能性や雨漏りの原因、劣化に繋がります。

軒の出がない家に多い現象が、雨漏りをしないように工夫されてなく外壁に雨水が流れて、雨のしずくのように黒い筋の汚れが出来ることがあります。


屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151