オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鼻隠しの役割は?メンテナンス方法は? 


鼻隠し
鼻隠しとは、軒先の先端に取り付けられている横長の板のことを指します。

垂木(たるき)の先端を建築業界では「」と言うことから『鼻隠し』と呼ばれています。

雨樋(あまどい)が取り付けられている家なら鼻隠しはあります。

しかし和風住宅など垂木が表しの造り方の場合は鼻隠しを付けず、垂木の側面に雨どいの金具を付け軒先の軒樋を設けます。


鼻隠しの役割とは?

鼻隠しは軒樋を取り付けるための役割がある
軒樋を取り付けるための下地の役目をします。


耐風性を高くする役割
屋根自体、下から吹き上げてくる風にはとても弱いです。ニュースなどで目にしたことがあるかもしれませんが、台風が発生し、屋根が剥がれたりします。
なぜなら、垂木の間を通って風が侵入してくることによって剥がれてしまうのです。
また、鼻隠しは垂木をカバーする役割でもありますので、風が中に侵入しないように防ぐ役割があります。


垂木(たるき)を隠す役割
垂木の切り口がむき出しに見えてしまうので、鼻隠しをすることで見栄えが良くなります。


垂木(たるき)が腐るのを防止する
鼻隠しがないと屋根に雨水が侵入しやすくなります。
しかし、鼻隠しがあることで腐食や雨漏れで雨水の侵入を防ぐことが出来ます。
鼻隠し
メンテナンス方法

・再塗装
・交換

再塗装を行う場合は、まずペーパーをかけて古い塗膜を削ります。それから、塗装を行うことで密着度が高くなるので長持ちしやすいです。

劣化が激しい場合は、交換になるかもしれません。一部分の交換からでも交換出来ます。

鼻隠しは、雨水によって湿気と乾燥を繰り返す場所に当たります。
よって10年~15年を目安にメンテナンスをしましょう。
屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151