オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

唐草って屋根のどこの部分なのか?その役割は・・・


唐草
屋根の唐草(からくさ)部分って聞いたことありますか?

風呂敷などで唐草模様という柄がありますが、屋根も唐草といった部分があります。


唐草とは・・・

1番外側の屋根を囲い込む部材のことを示します。

屋根の雨水を軒先に流したり、軒先にある木材を雨水から守り、水切りの役割をします。

金属屋根には重要な『唐草』。

唐草は、雨樋などに隠れていてなかなか普段見ることが出来ない部材です。

「屋根の寿命」・「家自体を守るため」にはとても重要な部分でしっかりとメンテナンスを行わなければいけない場所です。



唐草
メンテナンス方法とは?

①塗装

➁交換・修理

の2つ方法があります。

以前鼻隠しの記事にも書きましたが、鼻隠しと同じメンテナンス方法です。

それでは、1つずつメンテナンス方法についてご説明します。

塗装→防水の性能が特化したものを塗らなければいけません。雨水などが侵入してきますと腐るので、塗装は欠かせないものになっています。

交換・修理→唐草自体、劣化が激しかったり腐ったのであれば交換か修理が必要になります。塗装と比べますと、費用が掛かりますので劣化し始めたと気が付きましたらすぐに業者に塗装をしてもらったほうがコストを抑えられます。


屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151