オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

母屋の役割とは??


母屋
こちらの写真の屋根部材の名前は、「母屋」(もや)と言います。

母屋(もや)とは、垂木を支えるための役割を果たす部材のことを示します。

母屋がある場所は、屋根の一番高いところにある部材(棟木)から平行に少し下に下がったところにある木材のことです。

また、「母屋」にはもう1つ意味があります。
もう1つの意味とは、住んでいるご自宅の中心の建物のことも「母屋」と言います。


母屋
「木造住宅」と「鉄骨住宅」では、母屋の使い方が違います。
2つの違いについてご説明させて頂きます。

『鉄骨住宅』は、屋根材料の下地が母屋になっています。
屋根部材を母屋に固定して葺くことが鉄骨住宅で使用される母屋の役割になります。

『木材住宅』は、先程も説明しましたが、垂木を支えるために母屋を設置します。

垂木はどちらの住宅でも屋根下地材となります。


屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151