オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野地板とは?


野地板
野地板とは、屋根の木の下地のことを示します。
屋根を長持ちさせるための重要な役割をしています。


昔の野地板は、杉の木を使用していました。

杉の木は乾きやすい素材なのが特徴的でその性能が活かされております。

今普及されている野地板は、野地合板です。(※合板とは・・・薄い板を重ね合わせた板のこと)

針葉樹でできた構造用合を利用するケースが増えています。




構造用合板
こちらの写真は、構造用合板です。

耐用年数は、約30年と言われています。

心配な方は、点検口から天井裏を覗いてみて雨染みがあるようでしたら、早めにメンテナンスを受けましょう。


野地板のメンテナンス方法は2種類あります。
①重ねて貼る方法
➁張り替える方法

劣化が激しい場合は、張り替えをお勧め致します。

また、野地板が劣化しやすい屋根はどんな屋根か分かりますか?

屋根の種類によって劣化する速さは変わりますが・・・『トタン屋根』が劣化しやすいと言われています。

なぜなら、他の屋根よりもトタン屋根は断熱性が低くさびやすいのがデメリットです。よって熱に影響されやすいので劣化が早いと言われています。

トタン屋根のお家の方は野地板が劣化していないかなど確認をしてみてはいかがでしょうか?

屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151