オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨樋はどんな材質・種類があるの? 


雨樋
雨樋は様々な材質や種類の雨樋があります。
また、それぞれの材質によって特徴が違ってきます。

それでは、詳しくご説明していきます。

材質について

・ガルバリウム鋼板
⇒とても人気で、耐久性が高あり、軽くてサビにくい金属系の雨樋です。最近では、外壁や屋根に使用されることが多く普及が広がっております。

・塩化ビニール樹脂
⇒1番普及されていて、ほとんどのお宅で使用されており、塩化ビニール樹脂タイプです
月日が経ちますと劣化が生じてきて割れやすくなります。また、合成樹脂もありますが、塩化ビニール樹脂に比べますと、高価です。

・銅
⇒最初は綺麗な色をしておりますが、しばらく時間が経つと緑青色に変色します。耐久性はありますが、酸性雨に弱いところが弱点になります。

・アルミニウム・ステンレス
⇒サビなく耐久性が高く、綱ぎ目が目立ちません。その分価格も高価です。

種類について

半円型
上記の写真は、半円型です。

・半円型
⇒約20年以上前に建ったお家の雨樋は半円型が多いと言われています。価格も安いのが特徴です。

・角型
⇒半円型よりも多く雨水を流せることが出来ます。半円型よりも価格が高いです。

・特殊型
⇒積雪が多い地域に取り付けられることが多いです。雪かきをする時に雨樋を傷めないように特殊型の雨樋を使用しています。半円型や角型よりも価格が高いです。


屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151