オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨樋塗装の流れとは?DIYの危険性は?


雨樋
先日から雨樋の塗装についてお話をしていますが、今回は雨樋塗装の流れについてご説明致します。
雨樋が劣化し、長い期間放置していると『雨樋が割れる』という現象が起きることがありますのでご注意ください。

それでは、「雨樋塗装の流れ」についてお話致します。

まず、雨樋と塗装がうまく密着するように雨樋の表面を磨いていきます。
雨樋の表面を磨き終わりましたら、油分をしっかり拭き取ります。(※油分が付いていますと、うまく塗料と密着しません。)
雨樋
続きまして、下地を塗っていきます。屋根塗装と同じ工程ですね。下地を塗ることで、長持ちする役割をしてくれます。
最後に、仕上げ塗料(ウレタン塗料・シリコン塗料など)を使い塗装しましたら完成です。(※業者によって、仕上げ材を2回塗るところもあります。)


DIYの「危険性」とは?
自分自身で塗装を行うと安くなるかもしれませんが、施工不良や転落の危険性が出てきます。2階部分の雨樋塗装を行うことはとても危険です。もしも、自分自身で塗装を行うならば1階部分の雨樋を塗装しましょう。
ハシゴや脚立に登って行うのもとても危険なのでやめましょう。




屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151