オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

黒色系の外壁 【メリット・デメリット】


黒色系外壁
前回の記事で、白系の外壁についてお話しましたが、今回は白色の反対色の「黒色」の外壁についてご説明させて頂きます。

メリット

外壁が黒色ですと、高級感のある家の印象になります。
高級感を出したい人にはとても人気の外壁の色になっています。

他の色とも合わせやすい色です。全面、黒色にしても宜しいですし、上下・左右どちらかを黒色系にして違う色も持ってくるととてもオシャレな外壁になります。


黒色系外壁

デメリット

・外壁が熱くなる
→黒色は、熱を吸収しやすいと言われています。
黒色の外壁と白色系の外壁を比べてみますと、外壁温度が黒色の外壁の方がかなり高くなるのが特徴です。特に夏場は、日光が当たる場所はかなり高温になる可能性があります。外壁の温度が上がることによって、室内の温度も暑くなります。
しかし、室内の温度は性能のいい断熱材を使用をすることで、他の色の外壁とも変わらない温度になります。

・汚れ・色褪せが目立つ
→黒色系は、汚れが目立ちやすいのが特徴です。蜘蛛(クモ)の巣や、鳥の糞など白い汚れはかなり目立ちます。
外壁は常日頃外にさらされているので紫外線をたくさん受けますが、月日が経ちますと色褪せてきます。また、暗い色は色褪せが分かりやすいと言われています。



屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151