オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

『準防火地域』とは?


準防火地域
上記の写真は、『準防火地域』で建てた建物です。外壁は窯業系サイディング、屋根はガルバリウム鋼板を使用しています。

「準防火地域」とは「防火地域」と同様に、火事の危険を防止するために建築制限がある地域のことですが、「防火地域」よりも制限が緩やかになります。

それでは、「準防火地域」とはどんな地域なのかご説明させて頂きます。
『準防火地域』とは

4階以上の建物、もしくは延べ面積が1500平方メートルを超える建物を建てる場合は、"必ず"火事に耐えられる建築物にしなければならない制限があります。3階建ての建物で延べ面積1500平方メートルを超える場合は、「耐火建築物」を使用しなければなりません。「準防火地域」に建物を建てる場合は、火が燃え広がる可能性がある部分の外壁や軒裏を防火構造にする必要があります。
なぜなら火事が起きた時に周りの建物に火が燃え広がらないように防止するためです。
また、木造2階建ての建物は、延面積が500平方メートル以下なら、防火の基準を満たしていれば木造3階建ての建物を建てることが出来ます。

 開口部である窓や玄関戸は、火が燃え広がる可能性がある部分には、防火戸など防火設備を付けなければなりません。

「準防火地域」、「防火地域」に建物を建てる場合は、耐火建築物となる仕様で建てなくてはいけないため、コストアップは必至ですね・・・

屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151