オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

板金屋根の雨漏れが発生した場合の修繕方法は? 


前回の記事で板金屋根の雨漏れが多い箇所を2か所ピックアップしてご説明致しましたが、今回はその続きで他の場所を2か所ご紹介したいと思います。

天窓
1つ目は天窓です。

天窓は結露と雨漏れがしやすいと言われており、原因は経年劣化という場合が多いです。

10年以上経つと、天窓のシーリングが劣化していることや天窓の周辺に落ち葉等のゴミが溜まることでオーバーフローすることがあります。

【修繕方法】
天窓自体を交換するか下葺き材と雨漏れ防止に葺いてある板金交換、隙間があいている場合コーキングで充填といった方法があります。雨漏れしている状況によって対応が変わってきますのでその場の状況に合わせた修繕工事の提案をさせて頂きます。
雨漏り修繕工事
2つ目は、外壁と屋根の取り合い部分です。

外壁と屋根の結合部分にあるのが水切り板金とも言われ、外壁からつたってきた雨水を妨げるように設置されているのがこの取り合い部になります。外壁と屋根の結合部分のシーリングが切れていることや下地材が傷んでいると、雨漏りに繋がりやすくなってしまいます。

【修繕方法】
傷んでいる度合いにもよりますが、シーリングが切れていれば再度充填し直すことや新しく板金を差し込むことで雨漏りはしなくなります。また外壁まで腐食が進んでいると、一部分だけでも貼り替えた方宜しいかと思います。
屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151