オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

リフォーム瑕疵保険の防水検査とは?


瑕疵保険を使用し防水検査
今回は、リフォーム瑕疵保険の防水検査についてご説明致します。

普段あまりリフォーム瑕疵保険と聞きなれない方が多いと思いますが、ご依頼頂いたリフォーム工事箇所で欠陥があった場合、保証をしてくれるのが『リフォーム瑕疵保険』と言います。

実際、瑕疵保険を使用することでメリットやデメリットがあることを知っていますか。

詳しく書いた記事が【街の屋根やさん新潟店のホームページ】にありますのでご覧ください。→こちら


瑕疵保険を使用し防水検査
現在屋根葺き替えを行っているお宅のリフォーム瑕疵保険は、工事期間中に2回検査を実施します。

1回目は防水工事が完了した時、2回目は全工事が完了した時の2回です。(※足場を撤去する前)

今回は『防水検査』についてご説明します。

瑕疵保険を使用し防水検査
防水検査とは、防水シートがきちんと基準を守って張られているか確認をする検査です。

チェックポイント

●タッカーのピッチ
●破れや隙間
防水シートの重ね合わせ(谷・棟部:250㎜以上、勾配地:上下100㎜以上・左右200㎜以上、外壁立ち上がり部:250㎜以上)

など厳しい基準があり、1番チェックするポイントは、防水シートの重ね代です。施工業者が上記の規則を守らず屋根下地処理をした場合、必ず雨漏りに繋がってしまいます。

また上記の防水シートの重ね合わせの長さは、屋根のみ基準値で外壁とは異なりますのでご注意ください。
屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151