オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

太陽光パネルからの雪の落下でお悩みの方へのご提案


近年新潟市も豪雪地帯といっていいほどの雪が降ります。
屋根に積もった雪は一度には落下せず、徐々に落ちてくるようになっています。

しかし太陽光パネルを屋根の上にあげている家では雪止めが機能を発揮できないまま雪が屋根から落下することも・・・。

太陽光パネルは太陽の光によって発熱し電気に変えていきます。
パネルの上に多少積雪があってもパネルは発熱して電気を作りだします。
するとパネルと接触している雪が溶けだし一気に雪が流れていきます。

一気に落ちた雪はご自宅の財産をも失うきっかけともなります。
下の写真をご覧ください。
雪落下 ポリカーボネート 破損
こちらは太陽光パネルを設置している屋根から雪が落下して1階のアルミテラスのポリカーボネート素材の屋根を割った写真です。
一度に落下した雪は大変重いです。
下に人がいたらと思うとぞっとしますね。


太陽光パネルを設置すときはその地域に適した設置をおススメします。
屋根 雪止め L型アングル
まずは雪止めを付ける事。
付ける位置を間違えれば雪の落下を押さえることはできない事もあります。
また雨漏れを発生させてしまう可能性もございますので屋根に知識がある方に雪止めを設置して頂くのが最適と思います。
太陽光発電 ソーラーパネル設置
太陽光パネルを設置する大きさ、位置を考える。
太陽光パネルは南面・西面にパネルを向けると発熱量が多く、たくさんの電力を獲得できると言われています。
太陽光のパネルも多ければ獲得できる電力も多くなります。
しかし欲張って屋根いっぱいに隙間なくパネルを入れてしまうと雪の落下を押さえることはできません。
この写真の太陽光パネル設置の様に上の方のみパネルを設置して雪止めを付けるようにすれば雪の落下を緩和できます。
温水ソーラーシステム 既存状況
使用していない太陽光パネルを屋根の上にあげたままにしておくのも良くありません。
パネルの表面はつるつるとしているので雪を垂れ流ししてしまいます。
不必要な太陽光は取り外してあげる事をお勧めいたします。



太陽光をたくさんつけてご自身が使用する電気は自宅で造る【電力自給自足】が出来る時代でもあります。
しかし欲張って太陽光パネルを多く取り付けてご自身の財産を毎年交換したり、落ちた雪の除雪の時間、歩行者・近隣に対する配慮を考えてどうしたら一番【お得】なのか。ご一緒に考えてみませんか?
今後、太陽光パネルの設置をお考えの方は太陽光パネル設置前に是非とも【街の屋根やさん 新潟店】にご相談ください。

そういった太陽光のご相談もお気軽にお電話ください。


屋根・外壁・雨樋・雨漏り・太陽光発電のご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。
☎0800-888-4151
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151