オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の材料にあった勾配はどのくらいなのか?


屋根の材料にあった勾配
屋根の材料は、屋根の形状や厚みなどでうまく軒先まで雨水を排水出来るかは勾配によって決まってきます。

屋根の材料によって勾配がなければ葺くことが出来ないものもあります。

うまく雨水を排水出来なければ、逆流してきて屋根の下地(ルーフィングシートや野地板)の中に侵入してしまう可能性がございます。

また、逆流しなくても水捌けが悪くなったり、屋根の下地まで雨水が入りやすくなります。

逆流や水捌けのことを考えて未然に防ぐためには屋根の材料にあった対応勾配に合わせなくてはなりません。

屋根の材料にあった勾配

・金属屋根の最低勾配 →1寸勾配以上

・瓦屋根の最低勾配 →4寸勾配以上

・スレート屋根の最低勾配 →3寸勾配以上

最低の勾配基準になりますので、それ以下にしてしまうと逆流してしまい雨漏れになるリスクがあります。

4寸以上の勾配がある屋根は、どの屋根の材料も使用することが出来ます。

しかし、最近よく見かける「陸屋根」、緩勾配の屋根にするならば施工可能な屋根の材料を選ばなくてはなりません。

以前の記事で「緩勾配屋根」・「急勾配屋根」・「並勾配屋根」の長所や短所について書いてありますので読んでみてください。

また、この記事が新築を建てる際、屋根の雨漏りで困っている方は参考にしてみてください。



屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151