オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

新潟市東区にて鬼瓦他修繕工事事例 


工事のきっかけ

屋根上点検をし発見したため

新潟市東区 棟板金交換,棟瓦取り直し,その他の工事 鬼瓦調整工事

ビフォーアフター

before
天井雨漏れし現地調査
horizontal
after
鬼瓦修繕工事

工事基本情報

施工内容
棟板金交換,棟瓦取り直し,その他の工事
施工期間
1日
使用材料
モルタル ガルバリウム鋼板 
施工内容その他
鬼瓦調整工事
築年数
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
皆さんは、普段生活している時、屋根上を気にして生活を送っていないと思いますが、屋根にも経年劣化というものがありますので築年数を重ねるたびに所々で不具合が発生してきます。

そんな中、今回雨漏り修繕工事以外にも現地調査にて、屋根上点検を行ったことで、修繕が必要な4箇所を発見することが出来ました。やはり、年に1回は定期点検として屋根上を確認した方が良いですね。

さて、今回修繕する箇所1つ目は、『鬼瓦の調整工事』です。

before1
天井雨漏れし現地調査
horizontal
after1
鬼瓦修繕工事
工事前の写真を見ると、鬼瓦が少し前に傾いているのが確認出来ます。

工事前の状態は鬼瓦の下地材が経年劣化によって接着力が低下し、棟瓦と留めている針金も弱くなっているため前に傾いていると考え、調整工事が必要と判断しました。

また鬼瓦の調整工事は、鬼瓦と棟瓦を一部外した状態でモルタルをやり替えた上で再度鬼瓦と棟瓦を積み直し、針金も新しく付け直しました。

2つ目の工事は、『冠瓦交換工事』です。
before1
天井雨漏れし現地調査
horizontal
after1
棟瓦交換
調整工事を行った鬼瓦とは、別の下屋にある冠瓦が1枚真ん中から割れているものを発見しました。

冠瓦が割れることで雨漏りに直結する可能性が低いですが、その下部にある棟瓦が割れたりしていたら雨漏りに繋がってしまいます。

その為、棟瓦に影響がないうちに新しく冠瓦を交換した方が良いと考えました。

見た目、他の冠瓦と色が違く見えますが、時間が経つことによって似たような色になりますのでご安心ください。

3つ目は、『樋清掃』です。

before1
天井雨漏れし現地調査
horizontal
after1
樋清掃
工事前の軒樋が、コケや泥で詰まっている状態でした。

この状態が続きますと、雨水をうまく排水することが出来なり、コケの重みで軒樋の金具も破損するおそれがあります。

軒樋の詰まりは二次災害にも繋がりかねませんので、早めの清掃が必要だと感じ工事をオススメしました。

4つ目は『谷板金交換工事』です。
天井雨漏れし現地調査
谷板金を交換する前の状態は、軒先にかけて錆びがひどく深刻な状況とも言えます。

工事前の状態は、かなり腐食が進行しているため、もう少し時間が経つと穴があくことは必至です。

また谷板金は、屋根上の雨水を集めて雨樋に排水する役割をしているため、穴があくと雨漏れに直結してしまいますので、穴があく前に板金自体を交換するようお客様に工事を提案しました。







谷板金交換
まず、谷板金の周りにある瓦を剥がした上で、板金を撤去します。


谷板金交換
撤去した際に下地材を細部確認しましたが、傷み等有りませんでした。

しかし築年数のことも踏まえて改質アスファルトルーフィングシート(防水シート)を差し込みました。

改質アスファルトルーフィングシートを敷くことによって防水機能が高くなりますので、雨漏りするリスクを低減することが出来ます。

谷板金交換
最後に、板金を敷き元通りに瓦を葺き直すことで工事が完了です。

谷板金自体の耐用年数がおおよそ15年と言われておりますので、屋根に何も問題がなければ葺き替えを考えるタイミングまでは持つかと思います。

しかし、現状屋根状態が風化によって傷み始めてきていますので早めに葺き替え工事をご検討された方が宜しいかと感じました。

また弊社では葺き替え工事やその他の工事に関して、お客様のご要望やご意見などをお聞きしながら対応しておりますので、ご気軽にご相談下さい。

屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。

お問合せ:0800-888-4151
街の屋根やさん新潟店
株式会社清新ハウス
新潟市秋葉区福島167-2
Mail:machiyane@seishinhouse.com
HP:http://machiyane-niigata.com/

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

新潟市東区にて棟板金の飛散の為修繕工事をおこないました

b199f7d265269ce148dfbf83de5d3fe8
16116b5370552e98e9443aa5814f610e
工事内容
棟板金交換
使用素材
貫板、GL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
10万円台
施工事例

新潟市南区強風で落下した屋根の棟包み板金を補修しました

スレート屋根 棟板金 新潟市南区 強風 暴風 爆風
新潟市南区 屋根 スレート 棟板金交換
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
およそ10万円

同じ地域の施工事例

施工事例

新潟市東区にて下屋雨漏れ修繕工事事例 

天井雨漏れし現地調査
下屋雨漏れ葺き直し事例
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
ベニヤ板、改質アスファルトルーフィングシート
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

新潟市東区にて片流れ屋根3段雪止めアングルの設置工事事例

片流れ屋根3段雪止めアングルの設置工事
雪止めアングル設置工事
工事内容
雪止め設置
使用素材
雪止めアングル
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

新潟市東区でセメント瓦葺き屋根の下地工事事例

屋根雨漏り修繕工事
屋根雨漏り修繕工事
工事内容
雨漏り修理
使用素材
セメント瓦
築年数
30年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏れ修繕他工事

新潟市西区にお住まいの方より、畳に雨水が滴り落ちているとご相談を頂きました。築30年の建物で初めて雨漏りしたそうです。早速、現地調査でお宅へ訪問してきましたので雨漏りの状況をご説明致します。

棟板金の錆び

新潟市西区にて、棟板金が錆びており塗装か板金交換を検討している方からお問合せを頂きました。築25年の一戸建て住宅。築年数が経っていることもあり、劣化によって棟板金が錆びたのでしょう。また、こちらの家の屋根はスレート屋根になります。お問合せの...........

風害によって棟板金飛散

新潟県燕市にお住まいの方より、強風によって板金が剥がれたとお問合せを頂きました。屋根を葺いてから時間が経つと飛散しやすくなります。定期的に屋根上の点検をしましょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら新潟店にお問合せ下さい!
8:30~17:30まで受付中!!
0800-888-4151